優良は顧客は他の金融から目を付けられやすい

お金を完済しても知らない消費者金融からDMが来るケースは多い

日本貸金業協会には、協会員である貸金業者を厳しく指導・監督・監査する権限が与えられており(業界内で鬼平と呼ばれていることはすでに述べました)、従わない業者は罰金や活動停止、除名などの処分を受けます。これは要するに、業界の自然淘汰を促すものでもあります。協会の厳しい指導についていけない不良・悪質業者はどんどん潰せ、ということです。そして実際、この協会が設立されてから、廃業する貸金業者が急増しました。

○指定信用情報機関制度の創設これにより、顧客の信用情報がすべての貸金業者で共有されます。○貸金業の登録要件を純資産額500万円から2000万円に引き上げこれにより、資金力のない不良な貸金業者は営業できなくなります。○貸金業取扱主任者制度の導入この制度の導入により、貸金業者は各事業所または各営業所ごとに1人、貸金業取扱主任者を置かなければならなくなります。貸金業取扱主任者という資格は以前からあり、日本貸金業協会が実施する研修を受ければ資格が得られましたが、このタイミングで国家試験による国家資格に移行し、2010年6月以降は国家試験合格者以外はこの資格が持てなくなります

(つまり、1年間の移行期間を設けているということ)。そして2010年6月のタイミングで、この資格者を置いていない貸金業者には、業務停止や登録取消、100万円以下の罰金という処罰が科せられることになります。第一回目の国家試験は09年6月中に実施される見込み。初回は合格しやすいとの下馬評もあって、多くの業界関係者が受験するようです。あるカード会社などでは、幹部社員を含むほとんどの社員に受験させるとも聞いています。
お金を支払うのはあまり好きでないという人は結構いるかもしれませんが、相続税 申告に関しては義務なので仕方がありませんし、控除もあるので思いのほか低かったりします。
私の趣味は買い物です。仕事を始めてから特に強くなりました。その原因はストレスでストレスを感じると必ず買い物にて発散するようになりました。その買い物の際にいつも利用しているのがキャッシング 無利息のカードです。


とくに銀行本体の考え方は今回の改正法を好意的に受け止めており、積極的に対応しているようです。「これからはキャッシングとローンで稼ぐチャンスだ」とみています。というのも、貸金業務ができるのは自分だけだと思っているからです。適正な金利で信頼できる大手資本が貸し出すわけだから、消費者は安心して利用できるはずと、絶対の自信をもっているのです。

そして、この環境を整備してくれたのは盟友の金融庁であり、その努力に一刻も早く報いねばならぬと考えています。実際、銀行(メガバンク)系列の貸金業者の勢力は拡大の一途です。消費者金融大手のアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの傘下に入りましたし、プロミス、三洋信販(ポケットバンク)は三井住友フィナンシャルグループの傘下に入りました。

新着情報
2013/02/11 注目記事を更新しました。
2013/02/07 新着記事を更新しました。
2013/02/06 多重債務とは別の難問を更新しました。
2013/02/03 利用可能枠の調査を更新しました。
2013/02/01 パイの奪い合いを更新しました。
2013/01/30 金利体系の適正化を更新しました。
2013/01/29 お金を完済しても知らない消費者金融からDMが来るケースは多いを更新しました。
2013/01/26 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
フタバ登録貸金業者情報検索サービス楽天キャッシング
ロゴマークが可愛らしい安心フタバのキャッシングサービス。フリーダイヤルも用意されているので安心して相談できます。金融庁のサイトで、貸金業者としての登録の有無を調べられます。楽天グループが運営するキャッシングサービスは利用すると楽天市場で使えるポイントが溜まって便利に使えます。